老後の財産を守る「成年後見人制度」セミナー

名称未設定-1_02

厚生労働省の2013年の発表によると、日本国内の認知症患者の数は約300万人。
特に、80歳以上の世代においては4~6人に1人の割合で発生していると言われています。
今後、高齢者人口の急増とともに、認知症患者の数もますます増加の一途をたどることが予想されます。

認知症になると判断能力が衰えるため、自身で物を買ったり契約を結んだりする事が困難になります。
その結果詐欺の被害に遭うケースが続出し、大きな社会問題となっているわけです。

判断能力の不十分な方を保護・支援するための「成年後見人制度」

名称は聞いたことがあるけれど、詳しい内容は分からない…
この制度は、判断能力の不十分な人に対して、本人の利益を考えながら、本人を代理して契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに手助けをする「後見人」を選任する制度です。

制度について正しく知ることで有効活用してもらえるよう、実際に後見人として携わってきた経験を元に、
わかりやすくお伝えするセミナーです。

特典

・個別無料相談の引換券をプレゼント

講師プロフィール

田島様

田島充 (行政書士四条烏丸法務事務所 所長)

京都大学大学院法学研究科修了後、 千葉県成田市職員として税務、下水道事業、訴訟などを担当。 徴税吏員、指定代理人 また、マンション管理組合理事長として 大規模修繕工事、管理業務の委託、管理規約全面改正、電力会社の変更等を手がける 大宮法科大学院大学法務研究科修了 法学修士(公法専攻)、法務博士

セミナー詳細

セミナー・イベント名 老後の財産を守る「成年後見人制度」セミナー
日程 2014年6月28日
時間 13時00分~14時15分
受付開始 12時45分
定員 20名
参加費 無料(事前登録が必要になります)
会場 京都新聞ビル
会場住所 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239 [地図はこちら]
最寄り駅・アクセス 京都市営地下鉄「丸太町」駅下車、7番出口出てすぐ
主催・共催 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239
備考 同時開催のセミナー情報はこちらから

このページの先頭へ