100歳まで元気に歩ける足を目指そう!プロが教える 今日からできる魚の目・たこ・巻き爪を予防するセルフメンテナンス術

20100410

足の健康度がわかりトラブルの予防ができる

元気に歩けるようになり外出が楽しくなる

足は第二の心臓とも言われ人間にとってとても重要な役割を担っています。そして5人に1人が足にトラブルを抱えているとも言われています。魚の目・たこ・巻き爪などがその代表格。少しの痛みをほっておくだけで痛みをカバーしようと歩き方がおかしくなり、他のところに痛みが生まれやすいです。重要なのは再発を防ぎ予防すること。 足を気遣い、かまってやる時間が必要です。例えば巻き爪の場合、再発を防ぐには“保湿”が重要な役割を担っています。爪はカルシウムからできていると言う人もいますがタンパク質からできています。乾燥すれば縮み、そして丸まります。その原理原則を理解し「足に構ってやる時間」を作る必要があります。セミナーでは保湿に最適なクリームの選定方法や足の健康をセルフチェックする仕組みなども紹介。かかとの乾燥やガサガサ、爪が厚い、ガタガタしている、爪をきれいにしたい方におすすめの内容です。

間違った知識が更なるトラブルを招く・・・

足についての知識はさまざまなところで出ていますが本来あるべき知識はまだまだ浸透していないようです。例えば
  • 靴紐を結んだままスニーカーの着脱をしている
  • 巻き爪が食い込むので丸く切っている
  • 外反母趾の理由はハイヒールが原因だと思っている
  • 大きいくつの方が楽だと思っている

など。

最近は介護予防として注目も浴びているフットケア

フットケアは介護予防としても最近注目をされている技術。介護されているご家族の方。ケアマネージャー、ホームヘルパーの方にも覚えていただきたい技術です。たかが爪切りと思われがちですが分厚い爪を切るにはコツがあります。トラブルを抱えたままだと靴下が履きづらいから靴を履いての外出が億劫になり足の筋力が低下していきます。結果として骨粗鬆症や転倒、寝たきりになっていきます。その負のスパイラルに陥ってはいけません。

こんな方にオススメ

・魚の目・たこ・巻き爪が再発を繰り返している
・将来の足のトラブルが不安
・家庭で介護に携わるご家族の方
・ホームヘルパー・ケアマネージャーの方
・ウォーキング・ランニング等を趣味としている方

参加者特典

・セルフチェックシート
・爪ヤスリを参加者全員にプレゼント

講師プロフィール

サムネイル_中塚

中塚絵美

エスッティックサロン勤務後、趣味ではじめたドイツ式フットケアで自身の足のケアを行いながら友人や知人の足のケアをし始める。ドイツ式フットケア&巻き爪ケアサロンJardin(ハルディン)を開業。5000人以上の足のトラブルをケアしてきた。日本プロフットケア協会 会員

セミナー詳細

セミナー・イベント名 100歳まで元気に歩ける足を目指そう!プロが教える 今日からできる魚の目・たこ・巻き爪を予防するセルフメンテナンス術
日程 2013年7月20日(土)
時間 13:30~14:45
受付開始 13:15~
定員 20名
参加費 無料
申込期限 7月19日まで(事前申込が必要です)
会場 神戸国際会館 8階
会場住所 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1番6号 [地図はこちら]
最寄り駅・アクセス JR神戸線 阪急 阪神 三宮(三ノ宮)駅より徒歩5分
主催・共催 神戸新聞マイベストプロ神戸事務局
備考 同時開催のセミナー情報はこちらから

このページの先頭へ